【Tips】Androidはサポート期間を確認して購入しましょう

1.スマホにはサポート期間がある

みなさんスマホを購入する際に、CPUやメモリのチェックはしっかりとなさっているかと思いますが、以外とチェックしていないのが「サポート期間」です。

iPhoneは、古い機種からサポート終了となりますが、番号順にサポートが終わっていくのでわかりやすくなっています。

Androidは、発売する会社が数多くあり、しかも機種名だけでは古いのか新しいのかわかりにくくなっています。そのため「安い」という理由だけで購入するのは「ちょっとまった!!」です。

しっかりとその機種の「発売時期」「OSのサポート期間」「セキュリティアップデートのサポート期間」を確認しましょう。

2.サポート期間が終了するとどうなるか?

2.1.OSのサポート期間

まずOSのサポート期間です。

OSのサポート期間が終了すると、「最新の機能が利用できない」こととなります。これ自体は大きな問題になることはなさそうです。「最新のOSじゃなくても問題ないよ!」という場合はそのまま使い続けても後述のセキュリティアップデートが提供されていれば問題ありません。

セキュリティアップデートは提供されているが、OSのサポート期間が終了している場合に問題となるのは、利用しているアプリが最新のOSのみしかサポート対象としていない場合です。その場合は最悪そのアプリが利用できなくなることもあります。早めの機種変更が必要となります。

2.2.セキュリティアップデートのサポート期間

セキュリティアップデートが提供されないとどうなるでしょうか。

セキュリティアップデートが提供されないと何らかの脆弱性(セキュリティ上の問題点)があったとしてもそのままになってしまうため、個人情報の漏洩をはじめ最悪スマホを乗っ取られてしまうという事態も起こりうるということです。

安心して利用するためには、サポート期間のチェックをお忘れなく。

3.Google Pixelの場合

それではGoogleのPixelの場合、どうなっているか見てみましょう。

詳しくはGoogleのサイトに掲載されています。

Google Pixel にソフトウェア アップデートが提供されるタイミング

それでは以下に機種毎に見て見ましょう。

3.1.Google Pixel3a、Google Pixel3a XL

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2022年5月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2022年5月。

この記事を書いている2022年6月4日時点では期限切れとなっています。期限切れになったから使えないかと言えばそうではありませんが対象機種は早めに機種変更することをお勧めします。

3.2.Google Pixel 4、Google Pixel 4 XL

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2022年10月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2022年10月。

この記事を書いている2022年6月4日時点では、あと4ヶ月ほど残っています。そろそろ後継機種を選定した方が良さそうです。

3.3.Google Pixel 4a

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2023年8月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2023年8月。

こちらは、まだ1年以上ありますので安心して使えます。

3.4.Google Pixel 4a (5G)

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2023年11月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2023年11月。

こちらも、まだ1年以上あります。

3.5.Google Pixel 5

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2023年10月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2023年10月。

Pixel4a(5G)より1ヶ月早いNですね。まだ1年以上あります。

3.6.Google Pixel 5a (5G)

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2024年8月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2024年8月。

こちらは2022年6月4日現在では、Googleのストアに掲載されているものの在庫なしとなっている現役モデルと言えば良いでしょうか?2年以上あります。

ここまでのモデルは、すべて米国のGoogleストアでの販売開始から少なくとも3年間、Android バージョン アップデートとセキュリティ アップデートが提供されます。

3.7.Google Pixel 6、Google Pixel 6 Pro

Androidバージョンアップデートの提供保証期限:2024年10月。

セキュリティアップデートの提供保証期限:2026年10月。

このモデルからは、「米国の Google ストアで対象デバイスの販売が開始されてから少なくとも 5 年間、Google Pixel のアップデートが提供されます」とGoogleのサイトにありますが、Androidバージョンアップデートは2024年10月となっており「?」と思いますが、セキュリティアップデートが2026年10月なのでそこまでは安心して使えそうです。

こうなるとGoogle Pixel6aの発売が待ち遠しいですね。

4.Google以外のAndroid

GoogleのPixelは、いわゆるAndroidデファクト機として素のAndroidに近い形で販売されていますのでバージョンアップデートもセキュリティアップデートも対応が早いです。

Google以外のAndroidについては、発売元の会社がAndroidに対してどのような追加機能を付加しているかなどによって大きく違いがあります。

サポートの長い例としてはSamsungのGalaxyでしょうか。最新モデルは4世代にわたるOSアップデートが保証されていますのでGoogle Pixelより長く使えるかも知れません。

このように各社対応はまちまちですが、売れ行きの良い機種ほどサポートも手厚い傾向に見受けられます。Androidスマホ選定の際は、サポート期間の確認をお忘れなきようご注意ください。

5.参考情報

サムスン、「Galaxy S21」シリーズなどで3世代のOSアップデートをサポート(ケータイWatch)

OPPOが「ColorOS 12」発表、メジャーバージョンアップやセキュリティパッチの提供期間の方針も(ケータイWatch)

タイトルとURLをコピーしました